労働災害共済(労災保険の上乗せ補償制度)

掛けて安心の労保連労働災害共済

労災給付のみでは補償額不足?! 
  労働災害に伴う補償は、国の労働者災害補償保険法に基づき公的な補償が行われていますが、昨今はそれ以外に事業主が何らかの上積み補償を求められるのが一般的になっているようです。そのため補償をめぐって争いが生じ、裁判にまで発展するケースがあります。このようなことを未然に防ぐために設けられた、労保連労働災害共済(労災保険の上乗せ補償制度)の加入をお勧めいたします。

 

安い・手厚い・幅広い・手続き簡単

安い掛金 安い掛け金

労保連共済の掛け金は、非常に安く設定されております。
なお、ご連絡いただければ、共済掛金のお見積をいたします。

 

安い掛金 手厚い補償

共済金は、被災労働者の平均賃金をもとに算出され、休業・障害・死亡に対して手厚く補償されます。

休業共済金 ・・・ 労災保険と合わせて、100%の収入を補償

障害共済金 ・・・ 障害等級1級から14級まで手厚く補償

死亡共済金 ・・・ 平均賃金をもとに最高2,000日分を補償(2口加入の場合)

 

安い掛金 幅広い対象災害

労働基準監督署長の支給決定を受けた業務上災害・通勤災害について補償されます。

 

安い掛金 手続き簡単

事務委託事業主が労保連共済に加入するときは、申込書に掛金を添えて事務組合に提出するだけで済みます。

 

安い掛金 迅速なお支払い

労災保険での支給決定に基づき、原則として請求のあった日から30日以内に共済金を支払います。

 

お気軽にお問合わせください。
098-911-5151
受付時間
【平日】9:00~17:30
【土】9:00~12:00
※日・祝・年末年始・旧盆は休業