教育訓練の実施で助成金受給

キャリアアップ助成金:人材育成コース

有期契約労働者等に教育訓練を実施した場合チャンスです。
有期契約労働者等に一般職業訓練(Off-JT)または有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3~6ヶ月の職業訓練)を行った場合に支給されます。

 

Off-JTとは

就労の場における通常の業務と区別して業務外で行われる職業訓練

OJTとは

適格な指導者の下、業務内で実務を通じて実践的技能、知識習得の職業訓練

 

支給内容

Off-JT分の支給額

賃金助成・・・1人1時間当たり 800円(500円)
経費助成・・・1人当たり20万円(15万円)を上限

OJT分の支給額

実施助成・・・1人1時間当たり700円(700円)で、1年度500万円を上限

  • 1訓練コースにつき上記の額が支給されます。※支給額の( )は大企業
  • 1人当たりのOff-JTの賃金助成時間数は1コースにつき、1,200時間を限度
  • 1人当たりのOJTの実施助成時間数は1コースにつき、680時間を限度

 

対象となるOff-JTの主な経費

事業外訓練(事業主以外が企画、主催)

受講に際して必要となる入学料、受講料、教科書代など

事業場内訓練(事業主が企画、主催)

  • 外部講師(社外の者に限る)の謝金・手当 ※1時間当たり3万円が上限
  • 施設・設備の借上料
  • 学科又は実技の訓練に必要な教科書などの購入又は作成費

 

受給のポイント

人材育成コースについては、キャリアアップ計画※の確認後(同時提出可)、訓練計画届を訓練計画開始日の前日から起算して1ヶ月前までに労働局へ提出して管轄労働局長の確認を受ける必要があります。また、有期実習型訓練を実施する場合は、訓練開始までに、対象者に対して「ジョブ・カード」の交付が必要です。

キャリアアップ計画とは

3年~5年程度の計画であり、ガイドラインに沿って、おおまかな取り組みの全体の流れ(対象者・目標・期間及び目標を達成する為に事業主が講ずる措置等)を記載する計画

 

これ以外にも様々な要件がありますので、詳しくは弊社担当までお問い合わせください。

 

助成金活用の無料診断

 

お気軽にお問合わせください。
098-911-5151
受付時間
【平日】9:00~17:30
【土】9:00~12:00
※日・祝・年末年始・旧盆は休業