「評価制度」or「研修制度」の導入で助成金受給

中小企業労働環境向上助成金

hokama morikazu.fw評価制度の導入やスキルアップ制度を導入した場合チャンスです。
評価制度または研修制度を導入し、実際に運用を開始した事業所に対し、助成金が支給されます。

 

支給内容

評価制度を導入した場合 40万円

受給の要件

就業規則または労働協約で上記の制度を、新たに定め、実際に正規の労働者1名以上に適用させること

次のいずれかの制度の導入すること

  • 評価・処遇制度の導入
  • 昇進・昇格基準
  • 賃金体系制度
  • 諸手当制度

 

研修制度を導入した場合30万円

受給の要件

職務遂行に必要な能力等を付与するため、カリキュラム内容、時間等を定めた研修制度を導入すること

  • 通常の業務遂行の過程外で行われる研修等であること(OFF-JTであること)
  • 研修時間が、1人あたり10時間以上であること
  • 研修費用は、全額事業主負担であること

 

受給のポイント

  • 提出期間は、計画開始日の6か月前~1か月前までに
  • 就業規則または労働協約に明文化
  • 正規の労働者1名以上に実際に実施することが必要

 

助成対象

次の健康・環境・農林漁業分野等の事業(別表1)を行う中小企業事業主が助成対象です。

  • A-農業
  • A-林業キャリアアップ計画書を作成し、ハローワークに届出ること
  • B-漁業
  • D-建設業(健康、環境、農林漁業分野に関する建築物等を建築しているもの)
  • E-製造業(健康、環境、農林漁業分野に関する製品を製造しているもの、健康、環境、農林漁業分野に関する事業を行う事業所との取引関係があるもの)
  • F-33-電気業
  • G-情報通信業
  • H-運輸業・郵便業
  • L → 中分類71-学術・開発研究機関(健康、環境、農林漁業分野に関連する技術開発を行っているもの)
  • N → 中分類80 → 小分類804-スポーツ施設提供業 例)フィットネスクラブ)
  • O → 中分類82 → 小分類824 → 細分類8246-スポーツ・健康教授業 例)スイミングスクール
  • P- 医療、福祉
  • R → 中分類88- 廃棄物処理業 例)ごみ処分業

 

これ以外にも様々な要件がありますので、詳しくは弊社担当までお問い合わせください。

 

助成金受給までの流れ

1.提出
「雇用管理制度整備計画」の作成、労働局への提出

次へ

2.導入
労働局の認定を受けた計画に基づき、制度を導入

次へ

3.実施
「評価」または「研修」の実施

次へ

4.申請
計画期間終了後2か月以内に支給申請

次へ

5.支給
助成金の支給

 

助成金活用の無料診断

 

お気軽にお問合わせください。
098-911-5151
受付時間
【平日】9:00~17:30
【土】9:00~12:00
※日・祝・年末年始・旧盆は休業